MENU

爪水虫に効果が期待できるお酢を活用した撃退方法について

こんにちは、専業主婦のトモコです。

 

水虫の原因である白癬菌、この白癬菌がお酢の効果によって殺菌できるという研究結果が学会で発表されたそうです。その発表によると、40度以上のお酢の中に白癬菌を20分以上つけておくと死滅するとの事でした。

 

 

白癬菌以外にも、ブドウ球菌やサルモネラ菌にも効果があったそうで、改めてお酢のパワーに関心があつまる出来事だったそうです。では、このお酢パワーは爪水虫の場合でも効果を発揮するのでしょうか?今回はお酢の持つ殺菌作用と、お酢を使った爪水虫治療について調べてきました。

 

驚異的な殺菌能力を持つお酢のチカラ

 

お酢を使った民間療法は、実は昔から水虫治療に使われてきました。お酢には強力な酸が含まれており、この酸が白癬菌を殺菌すると考えられていたのです。また、お酢の持つピーリング作用は古い角質を剥がし、新しい健康的な肌へと生まれ変わらせる働きがあります。

 

 

ですので、白癬菌に侵された皮膚もキレイに剥がれ落ち、水虫が治ると言われているんですね。その他にも、お酢にはカビの増殖を抑える働きもあるそうですよ。白癬菌はカビの一種なので、水虫の感染が広がるのを防いだり、水虫の予防としても使うことができます。

 

 

このように、お酢は水虫の万能薬として親しまれていたそうです。もちろん、そのお酢パワーは今でも健在です。先ほどの発表にもあった通り、お酢には水虫に対して一定の効果がみられるとの事なので、水虫対策には有効な手段だと言えますね。

 

 

ただし、お酢が殺菌をするのは触れている箇所のみだそうです。肌の表面に感染した白癬菌には効果的とされていますが、角質の奥に潜んだ菌までは届かず、完治には至りません。比較的軽い症状の水虫であればすぐに治るかもしれませんが、根深い水虫ですと難しいかもしれませんね。

 

お酢で爪水虫が治るのか?

 

このようなお酢の特徴をふまえると、残念ながら爪水虫には効果的とは言えなさそうです。爪水虫では白癬菌が爪の中に巣を作り、爪に守られながらぬくぬくと生きています。爪の表面に生息している白癬菌を除菌しても、爪の内部が菌の温床となっているので完治が難しいのです。

 

 

対して、お酢は触れている箇所にしか殺菌の効果を発揮しませんでしたよね?つまり、お酢の持つ殺菌パワーは爪水虫の根本、爪の中の菌まで行き届かないので、爪水虫の治療向きとは言えません。しかし、お酢を活用すれば爪の周りの皮膚や、患部に近い箇所の感染防止になります。

 

 

爪水虫の完治には白癬菌の感染を広げない事も大事ですから、大きくまとめると爪水虫の治療に役立つと言えそうです。次の項目で詳しくお話しますが、お酢を使った治療法では足全体、また手全体をお酢につけて行いますので、爪の周辺をまるごとケアする事ができます。

 

 

こうした全体のケアは白癬菌予防にも繋がりますので、爪水虫の方も試してみると良いかもしれませんね。

 

お酢を活用した白癬菌の撃退方法

 

では、具体的な対処法を見ていきます。用意するものは、お酢と両足または両手が入る洗面器、ぬるま湯と清潔なタオルの4点です。食用のお酢を使っても良いですが、ピリピリと刺激を感じたらマイルドな天然醸造のお酢を使っても大丈夫です。

 

 

はじめに、洗面器の中にお酢100ミリリットル、ぬるま湯900ミリリットルを入れます。次に、患部を20分前後ひたし、時間がきたら清潔なタオルで水分を拭き取ります。以上です!なんと2ステップで終わってしまいました。とっても簡単なケアでしたね、これなら毎日でも続けられそうです。

 

 

お酢を薄めたこの液も、使いまわしで3回くらいなら問題ないそうなので、経済的にも優しい対処法と言えますね。お酢の濃度は好みによって変えても良いそうです。お酢の原液のほうが効果も高いとも言われていますが、刺激が強く痛みがでる場合もあります。

 

 

はじめはお酢とぬるま湯の割合を1対9程度にして、平気であれば濃度を上げていっても良いでしょう。また、お酢の匂いが気になる事もあるかもしれませんが、できるなら水で洗い流さずそのまま乾かした方が良いそうですよ。

 

塗り薬で完治を目指す

 

お酢を使った白癬菌の対処法、いかがだったでしょうか。手間もかからなさそうですし、簡単に行えるケアだったと思います。こうしたケアで白癬菌の二次感染を防いでいけば、爪水虫の完治に1歩近づくのではないでしょうか。

 

 

さて、肝心の爪水虫ですが、治療となると薬を使わなくてはいけません。お酢だけでは爪水虫はなおりませんから、必ず塗り薬を併用して下さいね。爪水虫には爪専用の塗り薬が必要となります。爪の中の白癬菌にまで効き目が届く、浸透力の高い薬を使うようにして下さい。

 

 

クリアネイルショットという塗り薬は、医師の処方箋なしでも買える爪水虫専用の薬です。私も1年前から使っていましたが、みるみるうちに爪水虫が小さくなり、約半年程で完治しました。このように、爪水虫の治療には殺菌成分が爪の中まで行き渡る薬を選びましょう。

 

まとめ

 

お酢は健康に良いといわれていますが、こんな活用法もあったのですね。爪水虫を直接治すような方法ではなかったですが、感染予防としては有効と言えそうです。初期の水虫は見た目でも分からないですから、こうして全体を除菌できるのはお酢活用法の魅力ではないでしょうか。

 

 

>本気で「爪水虫」を改善したい人!1日1回塗るだけの簡単ケア