MENU

爪水虫って進行するの?病院に行かなくても治す方法

こんにちは、専業主婦のトモコです。

 

水虫の中でも一番やっかいなのが爪水虫だと言われています。

 

爪の内部で水虫菌が繁殖してもかゆみや痛みが出にくく、自覚症状がないまま進行してしまうからです。

 

私も爪水虫に気付いた時には、菌が爪の半分ほど広がっていました。

 

爪水虫の初期症状には爪の変色が挙げられますが、少し白っぽく見える箇所があるだけで、実際たいして困る事もないんですよね。

 

だけど、そこが爪水虫の落とし穴!痛くもかゆくもないですし、見た目もそんなに変わらないので、まさかそれが水虫だなんて思わない人が多いんです。

 

爪水虫が進行するとどうなってしまうのか?

 

また、病院に行かなくても治療はできるのか。

 

今回は爪水虫の進行と治療法についてお話します。

 

爪水虫が進行すると…

 

爪水虫の原因は水虫菌の浸食ですので、治療を行わなければどんどん菌が増殖し、症状も進行していく病気となります。

 

しかし先ほども記述した通り、爪水虫は自覚症状が出にくいため、発見が遅れてしまう事が多いのです。

 

爪には神経が通っていないため、水虫症状の代表であるかゆみや痛みに気付かずに時間が経ってしまうんですね。

 

ですので、爪水虫に気づいて治療を始める頃には、水虫の進行が進んでしまっている事も多いのだそうです。

 

では、爪水虫が進行してしまうと、どのような事が起こるのでしょうか。

 

まず一つ考えられる事は、他の爪への感染です。

 

靴下の中で菌が移動したり、タオルなどを介して菌が付着すると感染する可能性が非常に高くなります。

 

特に隣合わせの爪などは菌が付着する確率が高いので、簡単に爪水虫にかかってしまう事が予想されます。

 

爪水虫は完治に時間がかかると言われていますが、その感染部位が広がってしまえば、完治にはより多くの時間がかかってしまいますよね。

 

しかも感染元の爪を治療していても、他の爪の感染に気付かなければ、再発を繰り返す事も考えられます。

 

ですので、他の爪に感染を広げる事は、完治への道のりが長くなってしまう事に繋がってしまうのです。

 

さらに爪内部の感染が進行すると、最終的に爪母と呼ばれる部位に白癬菌が浸食していきます。

 

爪母とは爪を作り出す部分ですが、そこが菌に侵されると健康的な爪が生えづらくなると言われています。

 

一度爪母が傷んでしまうと、いびつな形の爪や分厚い爪が生えてくる事もあるので、爪水虫が治っても後遺症が残る場合も考えられるそうです。

 

爪水虫に気付くために

 

でも、自覚症状がなければ爪水虫に気付けませんよね。

 

そんな時には、爪の表面をしっかりと見てみて下さい。

 

爪水虫の症状に当てはまるものが表れていれば、爪水虫の可能性が高いと言えます。

 

爪の色が白っぽかったり、黄色っぽくなっていませんか?

 

爪の表面に筋が出ていたり、乾燥してボロボロになっていませんか?

 

潤いのある健康的な爪とくらべ、爪水虫に感染した爪は乾燥しがちで脆くなっているのが特徴です。

 

また、爪水虫は爪の先端から侵入する事が多いので、爪の先にこのような症状が出ている事も見分けのひとつになります。

 

痛い、かゆいなどの症状が出ない代わりに、爪水虫は目で見て確認する事ができます。

 

なかなか爪をジッと見る事もないかと思いますが、早期発見や治療のためにも、こうした少しも変化も見落とさないようにして下さい。

 

病院での治療法とデメリット

 

爪水虫の症状があった場合は、すぐに治療を行うようにしましょう。

 

爪水虫は根気強く治療を行わなければ再発してしまう怖い病気ですので、気づいた時からしっかりと治すのが大切なんだそうです。

 

そのため、自分が本当に爪水虫なのかも含め、病院で検査や相談をする事が一番良い方法と言われています。

 

病院での治療は主に塗り薬と飲み薬によるもので、外用薬で爪内部の白癬菌を殺菌しつつ、内服薬で体の中からも菌の除去を促す方法が多いそうです。

 

しかしこの内服薬には副作用の心配も出てくるそうで、特に肝臓に疾患がある人には使用できない決まりもあるそうです。

 

しっかり治すには病院が良いとは言え、こうしたデメリットがあるのも事実なんですね。

 

私も当時は数カ月の娘を母乳で育てていたので、飲み薬での治療は考えていませんでした。

 

しかも爪水虫の完治には最低でも半年はかかると言われていますので、そうなるとやはり病院通いは難しい…。

 

なんとか自宅で手軽に治療する方法はないのか、様々な市販の塗り薬を調べていきました。

 

自宅で爪水虫を治療できるのか

 

病院に行かずに治療するには、塗り薬が必要になります。

 

しかし市販されている塗り薬は皮膚用が多く、なかなか爪水虫専用の薬は売られていません。

 

皮膚用の薬では、爪の内部まで有効成分が染みわたらないので、いくら塗っても効果を感じる事ができないんですね。

 

そんな中、私が当時お世話になったクリアネイルショットは、爪水虫のために開発されたもので、爪への浸透力に優れた塗り薬でした。

 

爪の内部にまで殺菌成分が染み込むので、中の白癬菌を根こそぎ除菌し、爪水虫を改善に導いてくれるのです。

 

この薬のおかげか、爪が生え変わる頃には水虫の症状もなくなり、今に至るまで再発はしていません。

 

こうした私の経験から、自宅でも爪水虫の治療は可能と言えそうです。

 

ただ、爪水虫に対応した塗り薬を選ぶようにして下さい。

 

また、塗り薬でも症状が治まらない場合は、必ず病院に相談するようにしましょう。

 

クリアネイルショットの公式サイトはこちら

 

まとめ

 

爪水虫の治療で一番大切な事は、早期発見と早めの治療に限ります。

 

もしも自分が爪水虫かも?と疑いを持ったのであれば、すぐにでも対処したほうが良いでしょう。

 

早くに治療すればそれだけ早く治りますし、爪の変形などの後遺症も出ずに済みますよ。

 

 

>本気で「爪水虫」を改善したい人!1日1回塗るだけの簡単ケア