MENU

爪水虫は再発しますか?日常生活で気を付けること

こんにちは、専業主婦のトモコです。

 

 

爪水虫が治った!と油断して生活していると、もしかしたらまた再発してしまうかもしれませんよ?爪水虫の再発率はなんと50パーセントにも上り、約半数の人が再び爪水虫にかかってしまうそうです。

 

 

実は水虫の原因菌である白癬菌は、感染力は強くないものの、生命力は非常に高いんです。例えば、白癬菌(はくせんきん)に侵された皮膚片などが床に落ちていた場合、その組織に根を張った白癬菌は1年以上も生きていると言われています。

 

 

なので、一度治ったからといって、普段の生活を見直さなければまた爪水虫にかかってしまうのです。爪水虫再発を予防するためにも、今回は日常生活で気をつける事をご紹介します。

 

白癬菌(はくせんきん)は生きていた!?

 

爪水虫が再発してしまうのには、いくつか理由があります。まず考えられるのが、白癬菌(はくせんきん)が完全に除去されていなかったケースです。白癬菌は高温多湿を好み、夏場に活発に活動をする性質があります。

 

 

反対に冬場は爪の中で冬眠し、活動の機会を伺っているんです。知らない間に爪水虫の症状がなくなったなと思っていても、それは単に活動をお休みしているだけであって、白癬菌が死滅したわけではないんですね。水虫菌、なかなか手ごわい相手です…。

 

 

この場合は再発とは言わないのですが、一度治ったと思っていると再発したように感じてしまいますよね。爪水虫が完全に治るには、爪が全て新しい物に生まれ変わる必要があります。治ったように見えても、白癬菌に感染していた爪が残っていると、このようにまた活動を始めてしまいます。

 

 

ですので、爪がきちんと生え変わるまで治療を止めてはいけません。再発防止のためにも、治療は最低半年以上続けるようにしましょうね。

 

菌の移しあいっこは止めよう!

 

爪水虫が再発してしまう理由には、他の部位から感染するケースも多いそうです。爪の白癬菌を完全に除去できていたとしても、その近辺の皮膚だったり、他の部位に菌が残っていると移る可能性が高いと言われています。

 

 

特に多いのが足や手の水虫です。爪水虫の治療に専念するあまり、他の部位には気が回らない事もあります。しかしこの見落としが原因で爪水虫の再発が引き起こされるので、爪水虫の治療の際は他の部位も水虫に感染していないか、くまなくチェックしていきましょう。

 

 

同じような理由で、家族から白癬菌が移るケースも多いそうです。ひとつ屋根の下で暮らしていますから、自分が爪水虫だったのなら、他の家族にも感染している可能性が十分にあるわけです。

 

 

いくら自分一人が治療をおこなっていても、他の家族に白癬菌が潜んでいるままでは、完治からはほど遠くなってしまいます。家族で菌の移しあいをしていたら、元も子もないですよね…。

 

 

そこで、爪水虫の治療は家族全員で取り組むつもりで挑みましょう!疑わしいなと思ったら、一緒に治療してしまった方が後で楽になりますよ。他の部位の菌も、家族の菌も最初から全て死滅させる事が、再発防止に繋がるんですね。

 

日常生活で気をつけていきたい事

 

せっかく爪水虫を完治したのなら、再発なく快適に暮らしていきたいですよね。そのためには、日々の生活で気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。まず基本中の基本ですが、バスマットやタオル類は家族と共有するのはやめましょう。

 

 

爪水虫が完全に治っていない可能性もありますので、こうした共有は避けた方がベストです。スリッパも各個人の物を使うなど、工夫をして下さい。こちらも基本的な事ですが、1日に1回キレイに足を洗うようにしましょう。

 

 

白癬菌が付着しても、24時間以内であれば感染は免れます。付着した白癬菌は洗い流せるので、石鹸を使い丁寧に洗ってください。これだけでも再発防止には有効ですよ。意外に見落としがちなのが、靴や靴下の管理です。

 

 

靴の中は白癬菌の好む場所。ですので、使った後の靴はしっかり乾燥させる事が大事になります。一番簡単な方法は、2足の靴を使い回す事だそうですよ。使っていない日に湿気も取れるので、白癬菌の温床にならず、再発防止に繋がります。

 

 

靴下も通気性の良い物を選ぶようにしましょう。靴下の中で蒸れて白癬菌が活発になる事もあるそうなので、風通しの良い薄手の物が良いそうです。このように、少しの工夫で爪水虫の再発は防ぐ事ができます。治ったからと安心しないで、こうした日々のケアこそ大切に行っていきましょう。

 

再発防止のために我が家が取り組んでいる事

 

幸い、私はいまだに再発には至ってはいません。疑わしかった旦那を巻き込んで、家族で除菌に勤めていたので、再発を免れているのかなと思っています。私達家族がお世話になっていたのは、塗り薬のクリアネイルショットという製品だったのですが、家族でも一緒に使えたので大変重宝していました。

 

 

病院などでの治療はどうしても個人単位での治療となるので、こうした塗り薬が一家に1本あれば、家族丸ごと除菌ができるかもしれませんね。

 

 

再発防止のために我が家でもバスマットを別にしたり、毎日洗ったりしています。少し面倒に感じる事もありますが、もうあんな頑固な爪水虫になりたくない一心で私も旦那も気をつけています。

 

まとめ

 

爪水虫の再発の高さは、このようなしぶとい白癬菌のせいだったのですね。生命力の高い白癬菌ですので、なかなか完治までは長い道のりかと思いますが、最後の最後までしっかり殺菌していくようにしましょう。

 

 

>本気で「爪水虫」を改善したい人!1日1回塗るだけの簡単ケア