MENU

爪水虫は塗り薬だけで治る!?飲み薬が服用できない方に朗報

こんにちは、専業主婦のトモコです。

 

爪水虫は、少し前まで飲み薬を服用しないと治らない病気だと言われてきました。塗り薬だけでは爪の中に侵入した白癬菌に有効な成分が行き渡らず、そのため内服薬の併用が一般的な治療方法だったそうです。

 

 

しかしこの飲み薬には副作用が確認されており、健康状態によっては服用すらできない事もあるのだとか。一方、ここ最近は塗り薬の開発がすすめられ、塗り薬だけでも爪水虫が完治できるようになったそうです。

 

 

副作用の心配もなく、利用者が限られる事もないので、こうした塗り薬での治療は年々増えてきていると言われています。飲み薬が飲めない人でも、塗り薬だけで本当に爪水虫を治す事ができるのでしょうか?

 

爪水虫の飲み薬が飲めない理由

 

爪に感染した水虫は、爪の中で繁殖を続けていて、以前は塗り薬だけではなかなか除菌できない問題がありました。そこで殺菌作用のある飲み薬を併用し、体の中からも除菌をしていたのです。

 

 

しかし先ほども書いた通り、この飲み薬には副作用があります。その副作用と言うのが、肝機能に影響を及ぼす事でした。

 

 

健康な人が服用しても問題ないと言われていますが、風邪などで体調が優れなかったり、肝臓に疾患がある人が服用すると重症化するケースもあるのだそうです。こうした事から、肝機能障害を患っている人には処方されない事が多いのです。

 

 

また、妊娠中や妊娠している可能性のある人も、胎児に影響を及ぼす事を考え、使用を控えるよう言われる事もあります。この飲み薬は今でも一般的に使われていますが、副作用がないかを調べるために、受診のたびに血液検査が行われるそうですよ。

 

 

他にも薬の飲み合わせによっては健康に被害がでる事もあるそうなので、爪水虫の治療をしたくても薬が飲めずに治療ができない人が出てきてしまうのです。

 

塗り薬での治療は可能?

 

飲み薬はとても有効な爪水虫の治療ですが、こうした理由で治療ができない人もいるのがデメリットでした。そこで、爪水虫にも効き目のある塗り薬の開発がすすめられたのです。

 

 

以前使っていた塗り薬は殺菌力こそあるものの、爪の内部まで有効成分が行き渡らず、白癬菌(はくせんきん)を完全に除去する事ができなかったそうです。しかし開発を重ね、ようやく最近になって爪にも浸透する塗り薬が出来上がりました。

 

 

この塗り薬は浸透力に特化していて、爪の中に潜んでいる白癬菌を死滅させる作用があります。ですので、飲み薬を服用しなくても爪水虫の治療が可能になったんですね。

 

 

こうした塗り薬は、病院で処方してもらう方法が一般的です。爪が白っぽく変色していたり、爪が分厚くなっている場合は爪水虫の可能性がありますので、一度皮膚科などで相談しても良いかもしれません。

 

浸透力の高い塗り薬の効果とは

 

爪水虫の塗り薬は浸透力が高い事がポイントとなります。ただでさえ硬い爪ですが、爪水虫に感染した爪はさらに硬く分厚くなるのが特徴です。その硬い鉄壁に守られて、白癬菌は中でぬくぬくと生きているわけですから、殺菌成分を爪の中まで染み込ませる必要があるんですね。

 

 

爪は外部の刺激から皮膚を守るように、異物が入り込まない働きをしています。ですが、爪になじむ浸透力の高い塗り薬のおかげで、殺菌成分が爪の内部まで行き届き、白癬菌を根こそぎ除菌してくれるようになりました。

 

 

もちろん、その効果も高いと言われていて、早い人では2週間ほどで爪の変化を感じるそうです。またしっかりと毎日ケアしていけば、半年から1年ほどで完治する事も可能だと考えられています。

 

 

今までは飲み薬なくして爪水虫は治らないとされていましたが、こうした塗り薬の進歩によって、爪水虫の治療は飛躍的に向上したと言えそうですね。

 

塗り薬を選ぶポイントとは

 

1年前に私が爪水虫になった時も、このような塗り薬で治療を行いました。当時は生まれたばかりの娘を母乳で育てていたので、飲み薬の服用は考えていませんでしたし、やはり副作用が心配で治療をためらっていたんです。

 

 

しかも慣れない育児にてんてこ舞いで、病院に行く時間すら取れないのが現状でした。ですが色々と調べていくと、病院で処方されるような塗り薬が見つかったんです。クリアネイルショットという塗り薬なんですが、これがまた優れもので、浸透力がとても高い薬だったんですね。

 

 

私の場合も使い始めてから2週間ほどで爪の色に変化があり、半年たった頃にはほぼ治っていました。よくドラッグストアなどに水虫の薬が並んでいるかと思いますが、あれはあくまで皮膚に感染した水虫用なんです。

 

 

爪に効き目あり!と書いている商品でも、爪専用の塗り薬ではないので、爪に浸透しない事もあり得るのです。手軽に治療したいからといって効果を確認せずに買っていては、爪水虫の完治には遠回りになってしまいますよ。

 

 

塗り薬だけで爪水虫を治すのなら、爪の中までしっかり効き目の届く、浸透力の高い薬を選ぶようにしてください。

 

まとめ

 

爪水虫は自然に治る病気ではありません。しかし薬の進歩によって、自宅でも気軽に治療が行えるようになりました。飲み薬が飲めない方でも、病院通いが難しい方でも、塗り薬だけで爪水虫を完治する事も可能なんです。

 

 

いま爪水虫で悩んでいる人がいるなら、まずはこうした塗り薬から治療を始めてみても良いかもしれませんね。

 

 

>本気で「爪水虫」を改善したい人!1日1回塗るだけの簡単ケア